小久保「僕が一番地に足ついていなかったんじゃないか」